どのくらいどんなふうにどういった頻度でこういった細かな情報を自由に付け加えることが出来ると会話の幅がぐっと広がりますね 英語は動詞中心の言語とも言えるほど沢山の動詞の類義語がありますがこんなに沢山の動詞を知らなくても副詞を使えば豊かにな. みなさんこんにちは カナエルの英語部屋です 今日は自由気ままな副詞さんの本領発揮です副詞の代表格である頻度の副詞についてみていきましょう 1alwaysを使ってみよう. 英語では2つ以上の疑問詞は使えない 失礼になるから気を付けよう 中学 勉強 文法レッスン 英語 以上のことから英語では語順が大切だということがよく分かっていただけたと思います しかし副詞は結構自由に至るところに入り込むことができます 例えばI practice tennis every day. 自由 […]