世界大百科事典 内の 国籍離脱 の言及 国籍よりかつてはひとたび臣民たれば永久に臣民たりOnce a subjectalways a subjectという忠誠非解消の原則を採る国が多かったが今日多くの先進国では個人の自由意思を認め国籍を強制しないものとしている. 3 国籍離脱の自由 国籍は特定の国家に所属することを表わす資格でありそれを個人の自由意思で離脱することは明治憲法時代の国籍法では許されず原則として政府の許可を必要としたその意味で憲法22条が国籍離脱の自由を認めたことは1つの. ボード Old Korea のピン 22条2項 20020530 何人も外国に移住し又は国籍を離脱する自由を侵されない 憲法の条文には主語があるのとないもの主語が不明なものと多種多様です. […]