4 規約第23条第2項は 婚姻をすることができる年齢の男女が婚姻をしかつ家族を形成する権利を再確認する同条第3項は 婚姻が両当事者の自由かつ完全な合意なしには成立しないと定める締約国の報告は 血縁関係の程度又は意思無能力等の特別な要因に基づいた婚姻をする権利の行使に対する制限又は障害の存否を示すべきである規約は男子又は女子の. 学問の自由 は 憲法23条 で保障される権利である 第23条学問の自由はこれを保障する. 自由 Hi On Instagram 23條 Article23 基本法 Basiclaw 基本法23條 一國兩制 […]