最低でも5日労働者が自由に休める有給休暇を残しておく必要があります 自分で有給取得を申請する必要がないためほかの人の負担などを気に病むことなく休める点がメリットと言えます ③こんなときはどうなるの. 有給休暇の5日取得義務は2019年の4月1日以降の有給付与日から開始します 年次有給休暇を付与した日基準日から1年以内に5日取得させる必要があるということです ex2019年4月1日に入社した正社員の場合 付与日2019年10月1日. 非正規 六法 飯野 たから 横山 裕一 本 通販 Amazon Math News Math Equations […]